愛情の行方
地方から、FC東京の試合を観に、友達が上京した。

去年は東京在住だったから、一緒に東京を応援していた仲間だ。

ちょっと、寂しそうな顔をして帰っていった。

でも、また、スタジアムで東京を応援しようねって、わかれたよ。



で、

東京のスタッフと話す機会があった。

「なんで、こんなに負けてるのに、おこらないんだ」と。




「だって、ガーロの時のが勝率はよかったでしょ?
あの時は、原さんのコールとかしてたのに。」

「今日は、試合後に帰らなかったり、ブーイングしたり、
ゴミ捨てしてるボランティアのスタッフともめるんじゃないかと、
心配だった」と。

もちろん、勝ってほしい。
でも、同じシーズンに2人も監督解任なんて、観たくもないし。

少なくとも、去年よりは、ひどいけが人が少ないから、
石垣でのトレーニングは良かったんだろうし。

今度は勝つかもしれない、そう思って、私はきっとスタジアムに来ますよ。

それが、よくわからないけど、サポーターってもんじゃないでしょうか?

と、話してました。



何で、平山をフル出場させるんだ!って色々言われるかもしれないけど、
報道陣の数が尋常ではなく、とにかく、東京の知名度に一役買っている。

今日は、とにかく、出さざるを得なかった、と。

いろいろあるかもしれないけど、可能性を期待できるから。
東京が平山を必要として取ったのなら、応援するしか無いですよって。

愛情ってそんなものかも。
いつでも、どんなときでも、心に留めている。

何度も立ち上がり、絶叫して。。。私の思うようにならなくたっていいの。
とにかく、まじめに、ずるしないで、いてくれれば。

でも、勝って、笑顔も観たかったよね。

そんな気持ち。。。
[PR]
by tokyo_style | 2006-09-30 22:54 | サッカーあれこれ
<< むむむ そーたとったどー。 >>