マイケルピットがよかった/ラストデイズ
ラストデイズ鑑賞

テレビの中で観てたような見慣れた姿のカートコバーンが、
ぶつぶつ言いながらうろうろしている。しているようにみえる。



作品はカートコバーンに「捧ぐ」のであって、いわゆるインスパイアされて作ったもの。

一曲もニルバーナの曲はかからないし、(ソニックユースはかかる)
勝手に期待してたとはいえ、妄想しすぎた自分を恥ずかしく思うような感じだった。

「あの場面は、あんなに長くなくてもよかったよね」
「ま、でも、その後の流れをあそこで分からせときたかったんじゃないの?」
「でもねー」「うん、そうだよねー」みたく

しかし、マイケルピットは良かった。いい曲だったし。
マイケルピット観れたから、いいや。そんな感じ。

で、帰ってから監督の事とから調べてたら、
ガス・ヴァン・サント監督

『マイ・プライベート・アイダホ』
『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』

え?そうなの??好きな映画は?と聞かれて、
『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』とか言ってた私としては、
恥ずかしくてごめんなさいって感じ。

「ラストデイズ」は人生の”最後”に対峙した3部作の一つのようなので、
残りの2作を観てから、また書かせていただきます。
ごめんなさい。

でも、期待させ過ぎってとこはあったと思うよ。
[PR]
by tokyo_style | 2006-04-16 17:21 | Artあれこれ
<< マダガスカルジャスミン まけました >>